yama no ue underground のブログ

山の上のアンダーグラウンドへようこそ。

再掲載『10年ぶりのSLy 2020年12月』〜その1〜

「動画」と「画像」が、”過去” に紛れつつあるので、、

『再掲載』と『動画リンク』を。。

 

( 以下”再掲載” )

 

〜『F-1』ラジコンと『インディ&ナスカー』ラジコン〜

『D-Drive Sports』のラジコンテーマとして、発足当時は ”双璧” のカテゴリーでした。

 

 

時はめぐって、、2021年。。

f:id:yamanoueunderground:20201208084956j:plain

〜 12月week1「スポーツランドやまなし」から番外編 〜

週末サーキット休んでドコ行ってたか、と言うと、、サーキット行ってました♪ ただ、ココは「サーキット」と呼ぶより「トラック」と呼ぶべきかな。。

 

山梨県韮崎市にある ”老舗” 実車サーキット「スポーツランドやまなし」さんの中にある、『オーバルトラック』に 約10年ぶりに遊びに行って来ました。

 

まず、”この手” の RCジャンルの話をする時、関東近辺においては、、世田谷環八沿いにあった『ホビーショップJOY』和田さん を抜きには語れないワケです。

大変お世話になりまして、、特に『RCワールド主催 ワールドドローム』のお手伝いを一時期させてもらうようになったのも、『ホビーショップJOY』さんの後を受けての事でした。そんな話はいずれまた。。

 

☆☆☆

 

「インディ & ナスカー」といきたいトコロだったですが、、”約10年ぶり” ”子供とノンビリやる” ”積載スペースの都合” ってコトで。。

f:id:yamanoueunderground:20201208100139j:plain

『F103GT』をチョイス ♪

今回 こんなカンジで、持っていきました。。

☆ F103GT+エンジンカースポンジタイヤ (F:40 / R:35)

☆ HPIストックカーボディ(200mm)  ※幅、ベストサイズではありませんが...雰囲気重視で。。

☆ G-Force TS50A & Super Fast type-C 17.5T / Li-Fe 4200

 

☆☆☆

 

バンク付き『オーバルトラック』。

現在では、”日本唯一” ?! (私の知る限りですけど。。)

『スポーツランドやまなし』さん が、”素晴らしい遊びの場” を残し、続けていてくれています♪

f:id:yamanoueunderground:20201208105654j:plain

駐車スペースから。奥が「1〜2ターン」。

f:id:yamanoueunderground:20201208110127j:plain

「2ターン」から。右奥に「3〜4ターン」。左小屋 2F は「操縦台」。

f:id:yamanoueunderground:20201208112029j:plain

「奥4ターン」〜「ホームストレート」〜「手前1ターン」

f:id:yamanoueunderground:20201208112325j:plain

「1ターン」〜「2ターン」へのバンク

f:id:yamanoueunderground:20201208112532j:plain

「2ターン」〜「奥3 & 4ターン」

☆「2ターン」出口付近の色の変わってる部分は ”地盤の沈下による段差” 。

影響の少ない「ライン」あります。”この場所” とはうまく付き合っていきましょう♪

 

☆ そして、、例え ”2ターン出口の一番イイところ” に『穴』が開いてようと?! 、、『3ターン』がすべてを忘れさせてくれるでしょう、と。。

 

☆ 画像だと判りにくいですが、いわゆる『変形オーバル』。「1 & 2」ターン と「3 & 4」ターンの『R』が違います。

 

f:id:yamanoueunderground:20201208124611j:plain

『肝』はこの3ターンにアリ♪

☆ 私、久しぶり & ウチの子供に慣れさせる必要があり、とりあえず「指数80スタート」。

 

☆ 現地にて一緒になった方から、「車高&ボディクリアランス 最低7mm」のアドバイスをいただく。

 

☆ パックごとに指数を上げ、最終パック『約100』。『17,5T & Li-Fe』において、モーター、クルマ共に ”余裕アリ”。次は『指数100』スタートで。

 

☆ F104モーターマウント / スパー80T にて指数100以上OK。

 

 

☆☆☆

 

 

f:id:yamanoueunderground:20201208140604j:plain

この日、"昔なつかしい?!" 方々とお会いすることにもなり、いろいろ画像を撮らせて頂いたので、、『タイム・ゴーズ・バイ』〜その2〜 へ、つづく。。

 

 

youtu.be